新生活を始める人のためのお部屋探しサポートサイト

お部屋探しに後悔する基本的な理由やお部屋選択以外の失敗要因

お部屋探しの失敗の中で後悔しやすいこと

お部屋探しは新生活を始めるために不可欠なもので、大抵の方はお部屋探しに備えてインターネットで事前に情報収集を行うわけですが、特に一人での引越し経験が無い方は、部屋選びの基礎である地理・家賃・収納の三点に焦点を絞ってしまいがちで、それゆえに部屋選びに失敗してしまいます。

基礎を押さえたのに失敗することを不思議に思われる方も居られることでしょうが、地理・家賃・収納はあくまで基礎に過ぎず、お部屋選びに関しては基礎を押さえることは必要条件であって十分条件ではなく、日当たり、持ち込む予定の家具・家電の大きさを踏まえたお部屋選びなど、意識的に内見を行い初めて分かる部分も重要であるため、お部屋選びの基礎ばかりに意識が向かいがちな方のお部屋選びの失敗は後を絶ちません。

後悔しやすいポイントを踏まえたお部屋選び

地理・家賃・収納はお部屋選びの基礎中の基礎にあたり、ここで躓いてしまうと当然お部屋選びに後悔することになるので、通学・通勤と生活用品の買い出しまで想定した地理条件、収入や仕送りの三〇パーセント程度の家賃額、実生活に耐え得る収納スペース数を備えた部屋を選ぶことが大前提となりますが、これらのポイントは最低条件ではあるものの価値観や経済状況による個人差も大きいため、全ての条件を満たせなかったからと言って必ずしも後悔するとは限りません。

むしろ後悔を招きやすいのは、意外に重視されにくい日当たりや家具の大きさの把握で、冷え込みが予想される角部屋も防寒まで想定しているのであれば選択肢足り得ますし、家具や家電の大きさも可動域まで想定してあらかじめ測っておけば、後悔をせずに済むのです。


この記事をシェアする