後悔しないお部屋の探し方教えます!

新生活を始める人のためのお部屋探しサポートサイト

お部屋探しに後悔する基本的な理由やお部屋選択以外の失敗要因

インターネットを情報源として情報収集を行うと、お部屋探しにおけるポイントが分かりやすくまとめられていますが、失敗を避けお部屋探しに後悔しないためには、お部屋探しの要点と併せてお部屋探しの失敗例の情報も積極的に集めるなど、広い視野を持ったお部屋探しが求められるでしょう。

お部屋選択はお部屋探しの基本中の基本

お部屋の選択はお部屋探しの最も基本的な部分であると同時に、周辺環境と同様に失敗に気がついてからの対応が難しい部分です。 お部屋選びそのものに失敗しないために要所を押さえての内見の重要性を認知し、単純な部屋の内装や外装のみではなく、昼夜の周辺環境にも気を配る必要があります。

よくある失敗を避けてのお部屋探し

お部屋探しの失敗は実際に住んでみるまでは分からないものも少なくはなく、住む以前に重視していたポイント以上に拘っておくべきだったポイントや回避しておかなければならなかったポイント、妥協すべきではなかったポイント等に、部屋で暮らし始めてから気がつく悲劇はしばしば起こり、お部屋探しにおいての後悔の中でも一際大きなウェイトを占める失敗です。

このような悲劇の主だった理由は、引越し経験の不足ひいては一人暮らし経験の不足に集約されるもので、お部屋探しの失敗の最大原因と言っても過言ではなく、ある程度引っ越しを繰り返していくうちに、自分が生活を送る上で本当に拘るべきポイントや妥協できるポイントもだんだん理解できるようになっていきます。

ただ、経験によって蓄積される知識には相応の苦労が伴うことは避けられないため、経験で解決するよりもインターネットを用いてあらかじめ知識を補完して対応できるのなら、それに越したことはありません。

そこで、本項でも実際に例示しておくと、防音性・日当たり・周辺環境の三つが事前の想定に比して重要性が高いとされる部屋選びのファクターで、防音性の場合は天井や壁の薄さのように対処しにくいものから部屋周辺の施設状況による暗幕で対処できるものまで様々にあり、日当たりは日照時間が長すぎても短すぎても生活を送りにくく、周辺環境に至っては通学や通勤のアクセス以前に悪臭・虫・光等の周辺施設や隣人によってもたらされるリスクを孕んでいることが珍しくもないといった具合に、多様なデメリットが顕著に見られることから、内見だけでは見抜ききれない部分への独自調査の必要性がお分かり頂けるのではないでしょうか。

引越し初心者にはわかりにくいお部屋探しの後悔と対策

住めば都という言葉もありますが、お部屋探しの失敗は必ずしもその範疇に収まるものばかりではありません。 住んで初めて気づくような見落としがちな部屋の欠点は、些細なものから致命的なものまで様々にあるので、事前対策を要することを肝に銘じておくべきです。